2017年6月29日木曜日

高天原のメンバーチェンジ

高天原のアヤメとハクサンチドリです。
同じ湿原に咲いています。
水芭蕉からメンバーチェンジです。

東館山の斜面には、ニッコウキスゲの
黄色い花色も確認出来るようになりました。


2017年6月28日水曜日

春の蝉

ハルゼミですね。
初夏のセミで6月頃に見られるそうで、
ブナなどの広葉樹にいるので
エゾハルゼミではないかと思います。

うるさくミョーキン、ミョーキンと鳴き、
終わりにケケケケと聞こえるところは
ヒグラシに似ています。

山に、鳥の声、蝉の声、蛙の声を
聞きに来て下さい。(笑)

2017年6月25日日曜日

うすいろな花

靄(もや)っとした空気の中で
花をつけ始めたのが
ベニバナイチヤクソウ、
ワスレナグサ、アヤメです。
薄色な花が咲き始めました。(笑)

それぞれ花言葉は、「恥じらい」
「忘れないで」「希望」だそうです。
花言葉なんて趣味ではありませんが、
上手いこと言うなって感心します。(笑)




色は未だひといろ

昨年より2週間位遅い開花かね?(笑)
未だこのひといろ(一色)だけなので、
これからとても楽しみです。


嵐は凄かったです。
新幹線も止まったそうですが、
志賀高原も倒木で道路が
あちこちで通行止になりました。

琵琶池の白樺も倒れてしまいました。
樹の子は、倒木はありませんでしたが、
強風で太い幹も数多く落木したため
燃料活用の薪づくりに大わらわです。(笑)

2017年6月21日水曜日

レンゲツツジが盛り

高原らしい景色を最初に彩るのがレンゲツツジです。
奥志賀高原のあちこちで見ることが出来、
樹の子の玄関先も咲き始めました。

志賀高原で見ることが出来るツツジ属としては、
ムラサキヤシオツツジ、サイゴクミツバツツジ、
トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、レンゲツツジ、
コメツツジ、アズマシャクナゲ、ハクサンシャクナゲがあり、
特に奥志賀の剣沢より北側に分布する
サイゴクミツバツツジには出逢いたいものです。

見分けがよくわからいため例年確信がもてません。(笑)


 

2017年6月12日月曜日

カヤの平の涼風

早朝、里家の「おてんま」(地域の共同作業)で
カヤの平経由にて飯山へ降りました。
朝5時からビーバー(除草機)の音が響き渡り
地域の用水路土手は概ね片付きました。

いつも復路は中野経由R292で戻りますが、
お天気が良いので復路もカヤの平経由にしました。

ここも奥志賀高原同様、
標高1,500mと夏の平均気温は18℃前後で、
吹き抜ける風は少し肌寒いくらいです。
例年より少し遅めの芽吹きのようですが、
コバイケイソウが膨らみはじめました。
距離スキー部の高校生が、生命力ある緑の中、
高地ランニングで鍛えています。


2017年6月6日火曜日

リンドウの丘を整備

6/5(月)奥志賀高原常会メンバーで
リンドウの丘を整備しました。

リンドウの丘発案者である
杉山進先生をはじめ総勢18名で
散策ルートのロープ張りと
案内看板・ベンチの設置を行いました。

咲く日を今から楽しみにしています。
いっぱい元気に咲いとくれ!(笑)


 

だ~れだ?(笑)
まるさんが、スキー場支配人で
奥志賀高原に戻ってこ来られました。
元気に盛り上げまっしょい!

2017年6月5日月曜日

若葉色(わかばいろ)

里の畑に草刈りに出掛けました。
奥志賀渓谷とカヤノ平を経由し飯山まで、
若葉色の中を進みます。



奥志賀渓谷の雑魚川の水量は多く
少し冷たい清々しい風が吹き抜けます。


岩菅山の開山祭が行われましたが、
山頂は白くなりました。ご安全に!


畑の除草は、花咲くムラサキツユクサを残し
ほぼ終了しました。
周囲の田んぼは田植えが終盤です。