2018年2月27日火曜日

母も特訓

プリンスの氷柱は、益々成長中?(笑)
雪面は、とても冷えており
ところどころキョロキョロします。
28日の志賀高原保育園の雪上運動会に向けて
モモの母も3年ぶりにスキーを履き特訓です。
頑張る源は、やはりお昼ごはんです!(笑)
この親子、食べることに関しては貪欲です。
雪上のコンディションは、とても良く
今が旬と言ったところでしょうか?





2018年2月22日木曜日

鹿の足跡

こんなところで発見しました。
サンクリのレストランに向かって
鹿の足跡が雪の上に残っていました。
もう食べられちゃった?(笑)

青空が広がりとても気持ちが良い!
こんな日は、もちろんスキーではなく
バス停小屋の雪下ろしを手伝います。
明日も晴れるみたいです。ご安全に!


2018年2月21日水曜日

これからこれから

かる~い雪が降りました。
今日も気持ちいいだろうな!って思いながら
駐車場の除雪を完璧に仕上げています。(笑)

オーストラリアからお越しの青年は、
奥志賀の雪を満喫され昨日の午後お帰りになりました。
おそらく今シーズンのラストインバウンドかと思います。
延べ69人日、これまで2ヶ月間のうち30日間は
海外のお客さまがお泊まりでした。
オーストラリア・ドイツ・スェーデン・香港・英国・
ニュージランドと世界のいたるところから
最高の雪を求めてお出でになりました。
数々のハプニングもありましたが、
一人ひとり想い出に残るお客さまです。
良い方達ばかりで本当に良かったです。

これから日本酒プランでお泊りの
日本人シニアさん3名様をお迎えします。
楽しいお泊りとなるよう準備させて頂きます。
未だ未だシーズンはこれから、
一ノ瀬も高天ヶ原もフレッシュスノーがいっぱい。
もちろん奥志賀は完璧!
心よりお待ちしております。




2018年2月19日月曜日

口の中にはキャラメル

昨日の除雪作業は、
5時、9時、15時の3回になりました。
お客さまの出発と到着にタイミングを合わせ
時間調整にもご協力頂きながら実施しています。

英国人御夫妻から御礼に頂戴した
キャラメルを舐めながらの除雪作業です。
缶キャラメルは、イングランド国旗と
二階建てバスがデザインされています。
エルグランドも雪の2階建てになりそうです。(笑)



2018年2月16日金曜日

1日だけのお休みは忘れ物デー

昨日は、15日ぶりのお休みです。
数日前より計画を立て、
モモは、保育園をお休みさせてもらい、
スキーと買出しをダブルプラン。

早朝より全客室のシーツ回収と清掃をし
モモのニューマテリアルの準備と
ばーばのスキー板のチョイスと
ワックスを入れました。
スキーは、寺小屋エリヤで計画しました。

忘れ物1は、玄関に自分のバッグを忘れ
奥志賀ゴンドラから戻りました。
忘れ物2は、自分のスキーブーツを忘れ
奥志賀寮前から戻りました。
忘れ物3は、寺小屋ヒュッテで昼食ですが、
財布を忘れたことに気がつき
寺小屋から単独、一の瀬ファミリーを経由し
パノラマ駐車場まで往復しました。
久しぶりにカッ飛びました。(笑)
最後は、帰宅後ヘルメットが見当たらず
モモに車に忘れたことを諭されました。

大忙しな、とんだ一日でしたが、
モモから楽しかったと言われれば、
また、計画したいと思います。
皆さんも無理のない計画をお立て下さい。


2018年2月14日水曜日

朝食のひと時

平日の朝、静かな時間です。
Judy Collinsが歌う
♪「風に吹かれて」♪が流れています。
ご了解を頂き掲載させて頂きました。

ニュージーランドからお越しの
シニアスキーヤーさんは、
お孫さんが4人いらっしゃるそうです。
今日もフレッシュスノーを楽しみます。

日本人親子さんは、カシダスを利用され
プレミアムレッスンでスキーを満喫されました。
今日は、おさらいだそうです。
お父さんは、疲れないスキーがとても気に入り、
息子さんは、更なるテクニカルアップを目指し
これからもチャレンジしていくそうです。

世界中の白い恋人達の想いは同じです。
美しい雪を心行くまで楽しんで下さい。
心よりお待ち申し上げております。


2018年2月10日土曜日

頼りになります

ニュージーランドからお越しのお客さまの
締め具が破壊してしまい相談されました。
締め具を固定する穴が完全に効かなくなり
素人目にも穴の位置替えとそれに伴う
両スキーの調整が必要と思われました。

直ぐに思いついたのがタクトです。
奥志賀には「タクトスキーラボ奥志賀」があり
メンテンナンスを含めサポートしてくれます。 

車を走らせお客さまと相談に行きました。
対応策を検討のうえ万全な修理が出来ました。
山岳の地にあってタクトの存在は大きい!
本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

ホッとしてお腹が空いた所に
クロワッサンの美味しい匂いがし
思わず人数分を買って帰りました。(笑)
タクトは、奥志賀ゴンドラの
レストランサンクリストフ入口にあります。



2018年2月8日木曜日

カンパーイ

井賀屋酒造場さんが丹精込めて作った日本酒は、
海外からのお客さまからの評価は高く
とても喜んで頂いております。
みなさんの「カンパーイ!」の笑顔をご覧頂ければ
一目瞭然だと思います。(笑)
食に寄り添うお酒として紹介させて頂いております。
日本酒は、NIWARINGOと樹の子です。
和らぎ水は、ブナ林が保水した天然自然水です。
ご了解を頂き写真を掲載させて頂きます。
どちらさまも日本酒との出会いを楽しまれました。

ニュージーランドからのシニアなお客さま


香港若人と英国人御夫妻


スウェーデンからは世界を滑る青年お二人
あれ?ビール?このあと日本酒樹の子を飲んで頂きました。

2018年2月5日月曜日

樹の子アルバム

英国人ご夫妻が7泊、
香港から単身若者が6泊、
週末、福岡からレッスンプランで2泊の
お客さまがお出でになりました。
ご了解を頂き写真を掲載させて頂きます。
とても楽しい時間を過ごしました。
世界中から「白い恋人達」が集まれば
とても嬉しいです。
みなさん、お元気でお過ごし下さい。

2018年2月1日木曜日

A nice lady(素敵な貴婦人)

外人さんではありません。
日本人で単身お出でになったご婦人です。
Over 70 years oldです。
親しい友人が旅立たれ 
お一人になってもスキーを楽しみたい。
スキーが大好きで志賀のかる~い雪が大好き。
そんな気持ちでプレミアムレッスンを
お申込みなられたそうです。

「恐がりだから志賀のツアーは無理ですよね?」
「お任せ下さい!」と言うことで1day lesson。
奥志賀からシャトルバスで高天ヶ原へ
東館山から大回転コースをトラバースして
林間コースへ「樹氷が綺麗!綺麗!」。
ブナ平でクローススタンスと
遠くからスキーを操作すると
顔を向けるだけで回旋が始まることに感動。
スキーを製作してくれた人が
やって欲しいことを説明すると感激。
「こんなにスキーが楽にできるなんて!」

ブナ平から西館山の林間でプー&チューで滑り
再び東館山へ戻りタンネの森を経由し
一の瀬クワッドで山頂へ行き寺子屋まで足を伸ばし
帰りは一の瀬林間で深呼吸しながら雪景色を探訪。
一の瀬で昼食をたっぷり1時間かけてとり
山の神で午後のアップをしながらバスの時間調整。
ヤケビから奥志賀までシャトルバスで移動し
奥志賀ゴンドラで山頂へ。

奥志賀高原の天然雪を楽しみながら
川の流れのように林間を滑り降りるた時には、
「こんなに滑れるなんて!
若い頃、友達とツアーをしたところを滑れるなんて!」
晴れ晴れとしたお顔が高揚していました。

夕食時には同宿の英国人夫妻と香港若人に
日本酒樹の子の振る舞いまでして頂き
本当にごちそうさまでした。

最後だなんて言わないで下さい。

是非、またいらして下さい。
100歳まで楽しみましょう!
新しい 友達もつくりましょう。
家族全員でお待ちしております。

長文の紹介となりました。
貴婦人のお写真はご遠慮されていますので
掲載出来ませんが、志賀高原のふわふわの雪を
楽しんでいる様子をお伝えしました。
とても素敵な方との出会いでした。