2018年4月13日金曜日

春な(菜)話

奥信濃の春が、足早にやって来ました。
里の飯山千曲川沿いのサクラは満開となり
今週末は、お花見日和かと思います。

千曲川の標高が320mくらいですから
標高1,500mにある樹の子の
花咲く春は、もう少し先になります。

先輩農家さんから野沢菜を頂戴しました。
ふつう野沢菜は秋に収穫されますが、
春の野沢菜は、秋に取り残してたもの。

雪の下で冬を越し春に新芽を出したものは、
柔らかく「おひたし」にして食べるのが
こちらではたまらない春の一品です。

山には残雪が180cmほどありますが
先ずは口から春を感じたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿